海外FX会社には、かなり魅力的なところがありますので、勝つためには、そちらに注目してみることも必要ではないでしょうか。
LAND-FX(Land Prime Ltd)は、ニュージーランドに本社を置く新興海外FXブローカーです。海外FXのなかで、特にLAND-FXはおすすめしたい会社です。

【LAND-FXの評判】

LAND-FXの強みといえば、海外FX会社の中でも、最高水準のスプレッドであることです。水準は、業者、NO.1か2程度と思っていいでしょう。米ドル/円で最小0.7pips、平均0.9pipsは、充分に競合優位性があるスプレッドと評価していいでしょう。リアル口座の計測データの中でも、海外FX会社の平均の値よりも、狭いスプレッドの記録があります。

【ボーナスの魅力】

LAND-FXでは、狭いスプレッドを維持しながらも、なんと入金額の100%のボーナスをもらうことができます。
ボーナス総額が50万円に達するまでは、2回目以降の入金でもボーナスは付与してもらうことができ、継続的に資金を増やし続けることができるでしょう。

LAND-FX LPボーナス口座(Live口座)のスプレッドは、ちなみにSTP方式で、スプレッドが狭いとされているTitanFXと比較をして、
米ドル/円LAND-FX0.80pips(平均値)TITANFX1.33pips(平均値)
ユーロ/円(LAND-FXTITANFXの順)1.50pips(平均値) 1.74pips(平均値)
英ポンド/円1.80pips(平均値)2.45pips(平均値)
豪ドル/円1.60pips(平均値)2.12pips(平均値)
ユーロ/米ドル0.80pips(平均値)1.20pips(平均値)
あたりの違いがあります。

TitanFXも優良な海外FX会社と言ってもいいですがTitanFXで取引をしても、入金ボーナスは一切もらうことができません。

【通貨ペアが豊富】

そして、LAND-FXの魅力は、通貨ペアが豊富にあることです。LAND-FXの通貨ペアは、60種類以上もあります。

【LAND-FXなら、さくさく約定できる】

LAND-FXのメリットは更に、海外FX会社の中でも、最高水準の約定力を持っている点です。LAND-FXでは、公式サイトで、約定スピードは0.035秒と公表しています。ほとんど多くの個人投資家のみなさんが実際にトレードしてみて、滑った記憶などないのではないでしょうか。

LAND-FXでは、数分間の間に、エントリーや決済を繰り返したとしても、注文通りの価格でさくさく約定することができます。LAND-FXでトレードしている限り、スリッページの心配などする必要はありません。他のFX会社では、時としてサーバーがフリーズしてしまうことがありますが、LAND-FXでなら、ほとんどそのような心配もする必要はありません。

quinix社など4社と提携して、LAND-FXは、サーバー環境に万全を誇っています。

【最大500倍のハイレバレッジ】

海外FXに注目している以上、当然レバレッジにも注目していることでしょう。国内FXでは、25倍までのレバレッジしか利用することができないので、LAND-FXの最大500倍のハイレバレッジは相当強力です。海外FXでも、それほど高いレバレッジを提供していない会社がありますので、やはりここは選択肢はLAND-FXです。

もしも、10万通貨でエントリーするのなら、LAND-FXでなら2万円の証拠金があれば悠々とトレード出来てしまうことになります。

海外FXのメリットは、ハイレバレッジであり、同時に相当のリスクを背負ってしまう確率が高いと考えるトレーダーもいますが、実際にはLAND-FXの場合、 追証なしのゼロカットに対応してくれているのでそうではありません。トレードに失敗することもあるでしょうけど、失敗したとしても、入金額以上個人投資家のみなさんが負債を背負い込んでしまうことはありません。

【日本人向けサポートが充実】

どんなに優れている海外FXでも、日本語対応がしっかりしていなかったりすれば、不安でスムーズにトレードを行うことが出来ないでしょう。そのような意味でも、LAND-FXはかなり優秀と考えていいです。

LAND-FXではサポートデスクには日本人のスタッフが複数人常駐してくれていて、しっかり日本人の不安を解消しようとつとめてくれています。かつ公式ホームページは全て日本語表記なので、口座開設から取引まで日本人の方々でもスムーズに行うことができます。

日本語専用の電話窓口があるというのもLAND-FXの大きな強みではないでしょうか。電話・メール・ライブチャット全部、日本語対応することができ、まるで、国内FXを利用してトレードをしている感じです。

【豊富なボーナス】

LAND-FXでトレードする魅力は、ボーナスという人たちも大勢います。LAND-FXでなら、10%入金ボーナス、リカバリーボーナス、100%ボーナス(LPボーナス口座限定)の3種類をもらうことができます。

10%入金ボーナスは、LIVE口座のみ対象のボーナスです。初回30,000円以上の入金に対して入金額の10%をボーナスとしてもらうことができます。 限度額は300,000円です。

Live口座限定ボーナスとして、リカバリーボーナスがあります。 ロスカット時に一部キャッシュバックを受けることができ、「救済ボーナス」という人もいます。

そしてさらに2017年6月からLPボーナス口座限定の100%入金ボーナスが登場しました。入金額10,000円以上に対して同額がキャッシュバックされます。(限度額は500,000円)

【LAND-FXのデメリット】

国内FX会社の注文方法のほとんどは、OTC(DD)方式と言っていいでしょう。海外FXに目を向ければ、NDD方式(STP方式かECN方式)がほとんどであるというのに、LAND-FXの注文方法は、OTC(DD)方式を採用しています。

レイテンシの穴を突いたトレードを禁止にしていること、表示価格が遅れて表示されること、そして、スキャルピングの禁止事項など、疑われる部分はたくさんあります。

LAND-FXは、スプレッドが狭く、滑らないと評判なのですが、スプレッドが狭く滑らないSTP方式を採用出来る業者はないと考えていいでしょう。

他の海外FXは、STP方式やECN方式を敢えて採用して、透明性をアピールしていますが、OTC(DD)方式を採用している以上、他の海外FX会社と比較しても、透明度は低いと考えていいでしょう。

OTC(DD)方式を採用しているFX会社は、凄腕のブローカーが介入して、個人投資家のみなさんの注文を通すか通さないか判断する仕組みです。顧客とブローカーの利益が相反する取引方法であり、NDD方式はそうではなく、個人投資家のみなさんが勝つことによって、FX会社が儲けることができるからエールを送ってくれていることでしょう。

OTC(DD)方式を採用している会社は、顧客が勝てば、倒産へと追いやられてしまう可能性があるので、不利約定・ストップ狩り・レートずらしなどの仕掛けを堂々としてしてくるでしょう。

さらに、LAND-FXは、取引禁止事項が他社よりも厳しいという点もデメリットとして捉えるべきでしょう。ボーナスの悪用(他口座・他業者間での両建て取引)、アービトラージ(裁定)取引接続遅延・レートエラーを利用したトレードなどの禁止事項があり、気付けば「出金拒否」になってしまったという事態にならないように注意をしなければなりません。

さらに、LAND-FXではクレジットカード入金が最低入金額10,000円~、国内銀行送金(三井住友銀行経由)が最低入金額10,000円からと、最低入金額がやや高い感じがあります。

LAND-FXの口座開設手順と流れ

実際にLAND-FXで、口座開設するためにどのような手順をとればいいのでしょうか。はじめてという方々に、判りやすいアドバイスをしましょう。

LAND-FXの口座開設の前に、あらかじめ必要な書類があるので準備しておきましょう。

【提出しなければならない必要な書類】

LAND-FXの口座開設の前に用意しいておかなければならない書類は以下の通りです。

身分証明書(パスポート、運転免許証、写真付住民台帳、外国人登録証/在留カードのなかで一点)そして、居住証明書として、住民票か、クレジットカード、電気・ガス・水道などの公共料金、電話料金明細の料金明細書/請求書か、印鑑証明書、納税関係書類のうち一点です。発行後3ヶ月以内のものである必要があります。

書類が用意出来たら、LAND-FXの公式ページから、口座開設の申請をしていきます。

【個人情報の入力】

LAND-FXの公式ページから、Live Accountをクリックします。そこから、まずみなさんの個人情報を入力してください。

半角英数ローマ字で入力し最後に「次へ」をクリックします。

法人or個人の選択

口座のタイプ通貨の選択

レバレッジを選択します。

個人情報を入力します。

名前
苗字
性別
国籍 JAPAN
生年月日

個人情報(連絡先)
メールアドレス

携帯電話番号

国番(日本は81番)
市外局番(0を取る)
番号

固定電話(無い場合は携帯電話番号)

国番(日本は81番)
市外局番(0を取る)
番号

居住国
都道府県 Tokyo
市区町村 Shibuya-ku
番地、建物名など101Mansionname1-2-3Dougenzaka
郵便番号111-2222

入力したら「次へ」をクリックします。入力はすべて半角英数字でしてください。

次に利用規約をご確認してください。利用規約の内容を確認し、同意をチェックし、送信するをクリックします。

【資産・雇用状況や身分証明書のアップロード】

資産状況(自己資産、推定年収)と雇用状況、これまでのトレード経験について、それぞれ入力/選択をします。

己資産自己資産は今あなたが保有している資産(貯金等)です。 自己資産額をUSDドルで入力します。

推定年収はあなたが1年で稼ぐであろう金額です。推定年収をUSDで入力します。この項目は、それほど真剣に考えないでも大丈夫です。

雇用状態を
会社員
自営業
退職者
学生/主婦
失業者の項目から選択します。

業種を項目から選択
それぞれのトレードの経験期間を選択します。ここもざっくりで構わない項目です。

次に、身分証明書の送付と署名をします。必要書類はスマートフォンで撮影した写真」で問題はありません。ただし、文字が滲んでいると認証されない可能性があるので、鮮明に送信するということは意識しなければなりません。

最後に氏名欄に、名前、苗字の順に、アルファベットで入力します。

規約の内容を確認して、問題がないのなら署名し、同意にチェックを入れます。

次にLAND-FXでは、リスクについての確認があります。

20歳未満、65歳以上の場合

先物取引及び投資取引の経験が6ヶ月未満の場合
年収が$25,000(約250万円)未満の場合
投資金が純資産の25%以上の場合

に当てはまる人たちは、LAND-FXでは、リスクありと判断しています。

すべてのリスクを容認したら、チェックマークをすべてチェックし、再度署名欄に名前を入力してください。

ただし、上部の項目にチェックを入れなくても登録は完了することはできます。

氏名欄に、名前、氏名の順にアルファベットで入力し、同意欄にチェックマークを入れてください。

【申し込み受付メールの確認する】

ここまで入力を済ませたら、LAND-FXから、次のステップメールが届くので、パスワード等の確認をしてください。

【LAND-FX口座の種類】

LAND-FXの口座には、スタンダード口座とLPボーナス口座があります。スタンダード口座とLPボーナス口座の違いは、ボーナスの種類が違うだけで、スプレッドを含んだ全部の取引条件は同じと考えてください。みなさんが使い分けをする目的は、完全にボーナスオンリーです。

LPボーナス口座では、入金額に対して100%分のボーナスをもらうことができます。 ※このボーナスは、トレードにだけ使えて出金できないタイプのボーナスです。2017年6月からの期間限定キャンペーンです。ボーナスは自動で口座に反映されるので連絡は必要はありません。初回入金限定ではなく、限度額まで何度でも受け取ることができ、ボーナスは最大50万円分です。

最低入金額は1万円以上で、別の口座から資金移動をしてもボーナスはもらうことができ、別の口座へ資金移動または出金をすると、口座に付与されたボーナスは消滅します。

スタンダード口座のボーナスでは、10%入金ボーナスと5%リカバリーボーナスという二段階方式のボーナスがあります。LAND-FXの、スタンダード口座のボーナスの場合では、入金してすぐもらえるタイプのものではなく、規定ロット数をトレードしてからもらうことができる、キャッシュバックのような性質を持っています。

このボーナスは、3万円以上入金して10%入金ボーナスの権利を獲得します。規定ロット数を目指し、ロスカットされず規定ロット数に達すれば、10%分のキャッシュバックをゲットします。

途中でロスカットされたら5%ボーナスをゲットします。リカバリーボーナスは異なります。初回入金額の5%分の証拠金が口座に付与されることになり、トレードに使うことができます。 それ自体を出金することはできませんが、増えた証拠金でまたトレードをして利益をゲットすることができ、利益分はボーナスではなく、出金可能な現金として扱いは可能です。

【LAND-FXでは、ECN方式も使える】

中上級者向けとも言えるかもしれませんが、LAND-FXでは、ECN方式の口座も使うことができます。 ECN方式とは、トレーダーの注文がインターバンク直結で、市場原理にしたがって注文が処理される方法です。注文処理にブローカーが関与する余地がなく、いたって正統な方法で、透明性のあるFX取引を行うことができます。

STP方式もOTC(DD)方式と比較して透明性が高いと言われていますが、STP方式のスプレッドの中には手数料も含まれていて、その額も明確ではありません。ECN方式は、別途手数料がかかることになりますが、何もかもガラス張りという安心感があります。

スプレッドはドル円平均0.90pipsですけど、往復取引で0.70pips相当の手数料がかかり、LPボーナス口座よりも高くなってしまうことにも配慮が必要です。初回最低入金額は20万円~スタートということなので、はじめてトレードしようという人たちは、なかなかはじめにくい条件かもしれません。 ボーナスにも未対応なので、とにかく自分自身で入金したお金で勝負を仕掛けていかなければなりません。

いきなり20万円入金が苦にならないで、とにかく透明性のある環境で、トレードをしたいという人たちには、ECN方式はおすすめしたい注文方法です。

いかがでしょうか。FXなら、それほど知識がないでもスタート出来るというのも事実なのかもしれませんが、それでもトレードするために必要な基礎知識はありますので、そのようなものはしっかりマスターして向きあう必要があります。それでも海外FXに挑戦したいというのなら、一番判りやすいのが、LAND-FXではないでしょうか。

LAND-FXの入出金について

ここでは、LAND-FXでの、入出金についてお話ししましょう。

【LAND-FXの入金】

入金のためにはLAND-FXの公式ホームページから、『資金ページ』へアクセスし、左側のメニューから『入金』タブを選択してください。

『VISA,Mastercard(クレジットカード)』『STICPAY』(オンライン上に口座を作成、その口座から送金を行うオンライン決済サービス)または『BANKWIRE(銀行振込)』を選択することができます。 。

『VISA,Mastercard(クレジットカード)』は、
1時間以内のスピードの速さです。『STICPAY』は即入金処理を行うことができます。『BANKWIRE(銀行振込)』は、1~2営業日あたり時間がかかります。

他に『Webmoney』『PerfectMoney』がありますが、JPY(日本円)からの入金をすることができません。

クレジットカード(VISA,MasterCard)から入金をする場合には、VISA,MasterCardの項目の右側にある『入金』ボタンをクリックして入金手続きをします。

STICPAY(スティックペイ)から入金をする場合には、STICPAYの項目の右側にある『入金』をクリックし、入金手続をします。BANKWIRE(銀行振込)から入金をする場合には、STICPAYの項目の右側にある『入金』をクリックし入金手続きをしてください。

【LAND-FXの出金方法】

LAND-FXの出金方法として、日本人の方々が利用するのは、クレジットカード出金、銀行送金と、あと『Land-FXカード』があります。それぞれみなさんのタイプにあったものを選択してください。

もし、みなさんが、クレジットカードや、デビットカードで入金ありということなら、入金した金額と同額分をクレジットカードで出金するようにしてください。クレジットカードでは、「返金処理」という言い方をします。

10万円入金した場合、 1万円の利益が出たから1万円を出金依頼したい場合、1万円の返金処理をすることになります。10万円になるまで繰り返すことになります。クレジットカードで、全額返金処理を完了したら、あとは銀行送金かLand-FXカードで利益分を出金することができるようになります。

【画像をアップロード】

はじめて出金という場合、 まず、入金したカードの画像を写真に撮りアップロードする必要があります。 なんでこのような作業が必要なのかといえば、みなさんが実際にカードを所有しているかチェックするためです。敢えて、ここでは、カード番号までしっかり確認する作業まで必要ではありませんので、両面を撮る必要がありますが、カード番号2ケタ~12ケタ目までを伏せた状態の画像を撮り、CCVの数字は伏せた状態の画像をアップロードします。

画質さえある程度しっかりしていれば、スマートフォンでの撮影でも問題はありません。敢えて、画像加工などしないでも、撮影するときに撮さない場所は紙で隠すなど細工をさればいいでしょう。

このような作業は、あらかじめしておけば、ことはスムーズに行くでしょう。

【Land-FXカードによる出金】

LAND-FXでは、Land-FXカードによる出金をすれることができます。 Land-FXカードというもの自体、わからないという人たちが多いでしょうけど、Land-FXカードは、取引口座からお金を直接チャージすることができる便利なプリペイドカードです。

利益のみということになりますが、Land-FXカードに資金を移動させておけば、マスターカードが使える店でならショッピングすることができ、ATMからお金を出すことができます。みなさんはLand-FXカードの方法を選択して、銀行送金よりもスムーズに行くと感じるのではないでしょうか。とにかく、Land-FXカードはスピーディーにことが進むから使い勝手がいいと思っている人たちが多いです。

ただし、Land-FXカードに対して注意しなければならないこともあります。Land-FXの口座を持っていることは当たり前の前提ですが、申請の前提条件として、残高が約5000円以上(50USD)必要となります。そして、ここからクレジットカード入金分は出金はすることができません。 みなさんの利益分だけを出金することができるので、50ドル以上そこにあっても出せないケースはあるということを理解してください。

Land-FXカードの申請のために、必要な書類は、パスポートとパスポート以外の写真付き身分証明書、住所証明書の3つであり、あらかじめ用意しておく必要があります。免許証やマイナンバーカードは、おおむね用意出来るでしょうけど、問題はパスポートにあります。実際にに、パスポートを持っていないという人たちもいるのではないでしょうか。そのような人たちも、Land-FXカードの申請のためにわざわざ作る必要があるということです。Land-FXカードのために、わざわざパスポートまで作る必要はあるのか?という気持ちにもなってしまうのではないでしょうか……。ただ逆に言えば、パスポートさえあれば、Land-FXカードの申請は簡単に出来ると言ってもいいでしょう。

Land-FXカードの申請の郵送コストは仕方のない問題かもしれませんが、プラスα為替手数料が高いというのもちょっと考えものかもしれません。 つまり、Land-FXカードは香港ドル建てのカードということで、カードにチャージする時、ショッピングやATMで使う時、両替が行われてしまうことになります。

そのようなことを考えると、Land-FXカードにはデメリットもある感じがありますが、銀行送金を敬遠するのなら、結果、Land-FXカードということになるのではないでしょうか。Land-FXカードを実際に使用してみて、銀行よりも、少額出金などに便利さも感じられることでしょう。

中継銀行手数料も高いと言えば高いです。 日本円で引き出しますがカードに入っているお金は香港ドルなので、実際に引き出してみて、正確にいくら引き出せるのかちょっと判りづらいという思いもあるかもしれません。ATMで残高照会をすれば円表示でされることになりますが、そのとき、5香港ドルがかかってしまうことになります。 セブン銀行ATMを利用した場所、引き出しをしたあと、レシートに残高が記載されてあるので、そのあたりを参考にするのがいいかもしれません。

Land-FXカードのATM出金制限は24時間5000USDということも、あらかじめみなさんが注意をしなければならないことです。プラスαATM自体にも制限があるので注意をしてください。

【銀行送金による出金】

そして、LAND-FXの出金のもうひとつの選択肢が銀行送金による出金です。多くの人たちが、銀行送金に対して不便と感じているかもしれません。それでもLAND-FXでは、利益の出金や国内送金で入金した場合、銀行送金を使う必要があります。

みなさんは当然海外送金を受け取れる銀行口座を用意する必要がありますが、もうひとつここに面倒くさい難点があり、それは米ドルでしか送金してくれない点です。

LAND-FXでは、取引口座の通貨に関係なく、「米ドル」しか送金してくれません。米ドルはどこでもやりとり出来るので、別にそれで問題ないという人たちが多いのかもしれませんが、いちいち為替手数料が発生してしまうことには問題ありではないでしょうか。出金したときと口座に着金した時の二回、両替が発生してしまうことになります。しかし、ここあたりは、LAND-FXの決まり事として受け入れる以外はなさそうです。

時間は、だいたい一日程度で出金を完了させることができるでしょう。時間的には、ほとんどこの程度なら満足しなければならないレベルではないでしょうか。方法は、銀行送金を選んで、次に、出金元のMT4口座を選択してください。詳細の入力は英語でしなければならないので、日本人の方々はどうしても難しい感じはしてしまうでしょう。

銀行の名前や住所の入力など間違いなく行うようにしてください。主要銀行の海外送金を受け取る際に必要な情報が銀行によって提供されている場合もあるのでチェックしてみましょう。

最後に、自分の名前を入力するだけで自動的に署名がされます。 出金が処理されたらメールが届き出金を完了させることができます。

いかがでしょうか。コストはどうしても気になる問題ですが、Land-FXカードの併用なども考えてみてはいかがでしょうか。