ネット環境の充実やスマホなどの普及もあり、

近年FXの人気はますます広がってきています。

 

サラリーマンや普通の主婦、学生、など

幅広い年齢層の人がFXトレードを始めていて、

中には大金を稼いで起業したり独立したり経済的自由を得ている人も多いです。

FXは簡単に儲かるって本当?リスク管理方法など

たまにFXで大儲けしたという話しを耳にしますが、果たして本当に儲けることが出来るのでしょうか?

FXとは証拠金をもとにレバレッジを効かせて、証拠金の何倍もの外貨取引が出来る投資です。

当然自己資金の何倍もの資金を動かせますので、

その分利益も多く得られます。逆に損失が出た場合も多くの損失が発生してしまいます。

ではFXで簡単に儲かるかと言うと、儲けることは可能ということになります。

もちろん投資ですのでリスクもありますが、

少ない元手で多額の資金を動かせるFXでは多くの利益を生み出すことも出来ます。

為替レートは上がるか下がるかのどちらかですので、

儲かる確率はこの時点で50%ということになります。

その確率をどんどん儲かる方に引き寄せるには、

経済情報を仕入れたり為替チャートを読む勉強もしなければいけません。

 

そうすれば利益を出せる確率は50%から上がってきます。

もし70%まで上がってきましたら、

単純に考えますと10回取引をすれば7回は勝てるということになります。

どんどん勉強して勝つ確率を増やして、負ける確率を減らしていくことが重要です。

しかしここで気を付けなければいけないことは、

FXには心理的影響が強く出てしまうことです。

大きな利益を生み出すことが出来るため、ついつい欲が出てしまいます。

利益が出たらすぐに喜んで約定してしまい、

逆に損失が発生しても我慢すればプラスになると思い

どんどん損失を拡大させてしまうことが起こってしまいます。

このリスクを抑えるためには、新規注文を出したら

必ず自分で許容出来る損失の額を設定しておきます。

そうすれば当初の予想以上に損失が膨らむことはなくなります。

そして目標とする利益の額も決めておくようにします。

こうすれば、例えば目標利益は1万円で損失の許容範囲は5千円とした場合、

勝率が5割でも最終的に利益が出ることになります。

さらに前述したように経済情報やチャートの勉強をして勝率を上げていけば

より多くの利益を得ることが出来ます。

FXを始める上で覚えておきたいことは、

FXは元本割れどころか自己資金がマイナスになる恐れもあるということです。

多くの場合損切り注文をしておけば損失の範囲は限定出来ます。

しかしリーマンショックやサブプライム問題の時などのように

急激に為替相場が変動することがあります。

そのような場合ですと、損切り注文を出した値段では約定せずに

遥かに掛け離れた値段で約定してしまいます。

このような状況も想定して、資金には余裕を持って取引をすることが大切です。

 

FX取引(トレード)とは?仕組みなど

FX(外国為替証拠金取引)とは、2つの通貨を売買したり、

通貨間の金利差の差額を利益として得る投資方法です。

 

*特定の通貨ペアを長期的に保有し、

スワップ金利を得るという方法もあります。

 

通貨の価値(値段、レート)というのは刻一刻と変化していきます。

その時々に合わせて取引を繰り返すことで差益を増やしていくのです。

レートと言うのは、為替相場のことを意味します。

為替相場を通貨同士の価値を比較しているものであるため、

常にペアとなって通貨は比較されることになるのです。

例えば、円高になればドル安になりますし、円安になればユーロ高になります。

このように常に比較されている関係にあり、

片方の通貨の価値は必ずもう片方の通貨の価値に影響を及ぼすことになります。

では、なぜ通貨の価値が高くなったり低くなったりするのでしょうか。

通貨の価値が高くなるということは、その通貨に希少性が生じたということを意味します。

例えば、ダイヤモンドのような数の少ないものは非常に高い価値を持っていますが、

道に落ちているような単なる石には何の価値もありません。

どこでも拾うことが出来るからです。

通貨も一緒で、市場に流通している通貨の総量が減ってしまうと、

そこの希少性が生じてしまいどんどんその価値が高くなっていくのです。

反対に、市場の中でも誰もが通貨を手に入れることができるような状況になっていると、

当然その通貨の価値は下落することになります。

このように、通貨の価値も需要とそれに見合う供給のバランスによってfxのレートは作られているのです。

 

もちろん自分の予想と逆に動けば損をしてしまいます。

毎日相場を見ることでチャートパターンの分析能力を身につけ、

実際にトレードをして経験を積んでいくことしか上達法法はありません。

粘り強く勉強と練習を続けていきましょう。

 

FX取引(トレード)のメリットとは?

FXは少額の証拠金からはじめられ、少ない手数料で取引ができるので

副業やお小遣い稼ぎにもうってつけの投資方法だといえます。

FX市場は平日はほぼいつでも取引ができます。

FXとよく比較される外貨預金は、

銀行の時間内でしかできません。

それに外貨普通預金は低金利高手数料です。

外貨普通預金より金利の高い外貨定期預金は、その時々の為替レートとは関係なしに期間が決まるので、

取引をするタイミングを自分で決めることもできません。

また、FXは国家の発行する貨幣を買うので、

株と違って会社倒産によって資産価値が0になってしまうことはありませんし、

銘柄選択の難しさとも無縁です。

為替の変動で含み損が大きくなる危険性はありますが、

被害を最低限に抑える「ロスカット」ルールというものが存在します。

自己責任で資金を動かすことはFXの初心者からすれば怖い部分もあるとおもいます。

けれどFX基礎をおさえ、身の丈にあった分の投資で有益な利益を生み出すことができれば、

資産形成において有用な武器になるでしょう。

 

FX初心者のための心得と注意点 資金管理の重要性について

FXの魅力の1つにレバレッジが使えることがあります。

レバレッジを使えば、自分が持っている資金以上の取引ができます。

自己資金が10万円しかなかったとしても、

レバレッジ10倍で取引すれば、100万円分の取引ができてしまうのです。

 

自己資金が小額しかなかったとしても、

レバレッジを使って取引すれば大きな取引に挑戦でき、

為替が自分の予想通りに動けばガッポリ儲けることができます。

しかし予想が当たれば大儲けできますが、

逆に予想が外れた場合は損失が大きくなるのも

レバレッジを使った取引の特徴であり怖さです。

 

高レバレッジ取引で大きく為替が変動したりすると、

自己資金が一気に吹っ飛んだりするので気をつけましょう。

初心者のうちはレバレッジを使わないで取引することをオススメします。

レバレッジを使わない、つまりレバレッジ1倍での取引なら、

ほとんど外貨預金と同じです。

 

これならさほどリスクなないですから、

まずは、これでじっくりと経験を積んで、

慣れてきたら少しずつレバレッジを高くしていきましょう。

ちなみに、現在、日本国内のFX会社では、規制がかけられているので、

あまりレバレッジを高くできなくなっています。

 

昔はかなり高レバレッジな取引も可能でしたが、

それで大損する人が続出したので、

金融当局も規制するようになりました。

 

しかし海外FX、つまり海外にある業者を使えば、

レバレッジの規制がない会社もたくさんあるので、

高レバレッジな取引が可能です。

 

いずれにせよ、FX初心者の心得として、まずは低レバレッジで取引することが基本です。

レバレッジの設定ができない場合は、取引枚数(ロット数)を調整することで

低レバレッジと同じ状態にできます。

取引単位は1万通貨や1000通貨などで練習を積みましょう。

 

FX口座の開設手順や必要なものなど

FX口座の開設はネットのみで進めることができます。

詳細手順はそれぞれの証券会社のホームページを確認して

指示に従ってください。

 

FX口座開設手順方法と必要書類とは?

FX口座の開設には一応審査があります。

公式サイトから個人情報の入力をし、

免許証など必要書類をアップロードもしくはメールなどで送りましょう。

後日パスワードなどが書かれた書類が届きますので、それでFX口座にログインし、入金をします。

入金はネットバンキングや振込など対応しています。

 

ネットバンキングから即時入金できるクイック入金がおすすめですので、

合わせてネットバンキングも作っておくと良いでしょう。

ゆうちょや三井住友などもネットバンキングがあります。

入金が完了したら、いよいよ取引可能です。

FX業者によっては資料請求して紙媒体での口座開設申し込みができるところもあります。

まずFXの業者のホームページにある資料請求用のフォームに必要情報を入力します。

するとFXの業者は、請求者に対して資料を送付します。

その資料には、たいてい申し込み書が同封されています。

その書類をFXの業者に送付する訳です。

この後の流れは、上記のネット完結型と同様です。

審査が完了したら、やはりパスワードが送付されて口座開設が完了するという流れです。

ちなみにネット完結型に比べると、やや時間がかかる場合が多いです。

FX口座開設方法は、このようにインターネットだけで完結する方法と資料請求による方法になります。

 

口座開設をした後取引までの流れとは?

口座開設が完了して口座に入金をしたら

それぞれの証券会社が用意している取引ツールを使用します。

注文は簡単で例えばドル円が上がりそうだと思ったら、

画面の買いと書かれているボタンを押せば注文をすることができます。

 

下がりそうだなと思ったら売りと書かれているボタンを押せば注文することができます。

そして買いの場合にはレートが上昇すれば利益になりますので決済をします。

決済方法も決済と書かれているボタンを押せばできますし、

また一定のレートに来たら執行するようにする指値注文と呼ばれるものもあります。

いざ取引しようとなっても知識がなければ難しいです。

初心者がいきなり大きな金額でトレードしても負けてしまうことが多いので、

基本的なことをしっかり勉強しつつ実践として少額からトレードすることをおすすめします。

注文方法などを覚えるためにデモ口座を使うのもおすすめです。

 

いきなり大きなロット数で始めてしまうと危険ですので

まずは1000通貨(0.01ロット)や1万通貨(0.1ロット)から始めて見ると良いでしょう。

1000通貨(0.01ロット)なら1円動いても1000円、

1万通貨(0.1ロット)なら1万円ほどしか資金は変わらないので、

例え減らしてしまっても

そこまでダメージはないと思います。

毎日チャートを見て、だんだんと分かってきて勝てるようになってきたら

徐々に注文枚数(ロット数)をあげていきましょう。

 

FX取引(トレード)の注意点

当サイトではFX取引の口座開設方法やおすすめ比較、

トレード手法などを主に解説しています。

FXのトレードというものは常に資金を失う可能性を秘めています。

初心者のうちは特にそうですので、

まずは少額から始めてこつこつとトレードスキルの上達を目指すことをおすすめします。

またトレードにおいて損失を被った場合でも

当サイトは一切の責任を負えませんのでご自身の判断で行って下さい。