初めて海外FXでFXトレードをしようと思っている人たちは、

国内FXより慎重にチェックしなければならないという思いもあるでしょう。

そんな海外FX口座の中でも断トツな人気を誇る業者が

XM(エックスエム)です。

自分もXMでEAを動かしています。

まずはXMのおすすめポイントやどのようなメリットがあるのかを

しっかり確認しておきましょう!

 

XMの評判 メリットをチェック!

■安心なFX会社

安心という意味では、XMは、2009年から運営を開始しており、今年で9年目に入るFX会社です。

比較的歴史は浅いのですが、その中でもこの程度長く運営しているFX会社なら、

浮き沈みの激しい業種のなかでかなり安心感はあります。

 

既にXMは、新規口座開設数100万人突破したということです。

日本人が一番注目している会社がXMと言ってもいいでしょう。

 

海外FX口座でたまに聞く話が、「出金拒否」や「不利約定」の問題です。

XMに関していえば、そのような問題もほとんど心配なしと言っていいでしょう。

 

ライセンスはセーシェルFSAやFCA(FSA、イギリス金融庁)などに登録されています。

日本人には馴染みが薄いかもしれませんが、

イギリス金融庁などは特別審査基準が厳しく、

安全性が高いことが証明されています。

イギリス以外でもEU圏内を中心に

多数のライセンスを保持しています。

 

XM(エックスエム)は日本の金融庁のライセンスがないから危険?

XMは日本の金融庁のライセンスがなく、

金融庁のHPを見ると海外の危険業者扱いされています。

しかし、日本の金融庁に登録すると日本の規則が適用されてしまうため、

レバレッジも最大25倍になってしまったり、

追証ありになってしまったり、

海外FX業者としてのメリットがなくなってしまいます。

なのであえて日本の金融庁の許可はとっていないのです。

日本の金融庁からしたら、税金逃れなどに利用される可能性もあるし、

自国のFX口座を使って税金を納めろということなのです。

 

 

■ボーナス・キャンペーン

さらに海外FX口座を利用するのなら、

ボーナスやキャンペーンが豊富な業者はお得です。

XMでは、口座を開設すれば、3000円のボーナスを既に無条件でもらうことができます

。金額はそれほど大きいということではありませんが、はじめての人たちが、

海外FXがどんなものかチェックするには充分なマネーです。

もちろん、勝てば自由に出金することができます。

 

XMでは、初回入金で、100%のボーナスキャンペーンを常時開催をしてくれています。(最大5万円まで)

ボーナスを出金することは出来ないですが、儲けた場合は利益は出金することができます。

追加入金ボーナスは、追加入金に対して20%の取引資金が最大50万円までボーナスとして付与されます。

 

もしも、XMで、10万円でFXトレードをした場合、

新規口座開設ボーナスで3,000円ゲットすることができ、

100%入金ボーナスで50,000円、

20%追加入金ボーナスで10,000円で、

総計163,000円の証拠金でトレード出来るということです。

 

さらに、XMでは、XMPロイヤリティプラグラムというオリジナリティーのポイントサービスの提供があります。

XMでは、1lot(10万通貨)の取引あたり10ポイント~20ポイントを貯めることができます。

ポイントはボーナスに換えることが出来ます。 EXECUTIVEからGOLD、DIAMONDからELITEへと

取引期間に応じランクアップさせることができます。

 

XMでは証拠金ボーナスの他にも「無料VPSサービス」のプログラムが適用されます。

「無料VPSサービス」の仕組みですが、XMで提供されている「MT4バーチャル・プライベート・サーバ(VPS)」を無料で利用できる特典です。

通常はFX口座で自動取引(EA)を行う場合には、ユーザーが保有するPCにMT4のプログラムをインストールしてログイン状態を継続する必要があります。EAは常にPCをオンライン状態で稼働させる必要がありますし、ネットワークの接続障害の場合は利用できません。

VPSを利用すればユーザーがログアウトしてPCを停止させている間でも、自動売買を実行させることが可能です。つまり「無料VPSサービス」とは、自動取引用の計算機を無料でレンタルできるサービスです。

 

XMのVPSサービスを利用すれば、週7日24時間にわたりオンライン状態で自動取引を実行させることができます。

「無料VPSサービス」の適用条件は、口座に証拠金として合計5,000米ドル相当額以上を維持し、1ヶ月間に最低で5ラウンドターンロット 以上の取引があることです。この条件を満たることができないユーザーでも、有料(28$/月)でVPSサービスが利用できます。

 

■日本語サポート

優良海外FXだとしても、

日本語対応でないからとても判りづらいケースがあります。

XMのホームページやマイページは完全日本語対応で使い勝手もかなり評価されています。

 

チャット・メール・コールバック全て日本人スタッフが対応してくれているので、

わからないことがあっても安心です。

メールでの問い合わせもだいたい当日か翌日までには返事が来ます。

 

海外FX初心者や英語が苦手な人でも分かりやすく、

簡単に口座開設することが可能です。

XMは、さらに、初回金額は500円、最低取引枚数10枚でOKなので、

小ロットで取引をしたいという個人投資家たちにもおすすめ出来る海外FXです。

 

 

■業界トップクラスのレバレッジ888倍で追証なし

国内FXでは、レバレッジ25倍までという法規制の壁があります。

しかし、海外FXには規制はありませんので、大いにレバレッジを活かしたトレードが出来ます。

海外FX口座はどこも国内業者に比べたらハイレバレッジな取引が可能ですが、

XMはその中でも特に高く、1倍〜最大888倍です。

 

XMでは、追証なしのゼロカットシステムがあるので、

大きく値が飛んでしまうなど最悪の場合でも、

残高はゼロにリセットされ、預け入れた金額を超える損失は発生しません。

 

約定率100%のSTPブローカー

注文拒否、リクオートは一切ありません。

さらにに注文の99.35%を1秒以内に執行するので

値動きの大きい時間でもトレードすることが可能です。

 

STP方式という、ディーリングデスクを通さないで直接注文する方法を採用しているので

国内FX業者のように相対取引となり、顧客と会社が利益相反になるという心配もなく

安全性や透明性が高いといえます。

 

両建てやEAを使った自動売買なども制限なく可能です。

 

MT4、MT5が使える

プラットフォームはMT4、MT5を採用しており、

Mac専用のメタトレーダーもダウンロード可能です。

他の海外FX業者はMac対応のというのはほぼないので

Macユーザーにとてもおすすめです。

 

スマホやタブレットなどのメタトレーダーアプリも対応しており、

WEBトレーダー(ブラウザ型のプラットフォーム)もメタトレーダーが使えます。

 

■通貨ペアが豊富にある

さらにXMで注目したいポイントは、通貨ペアが豊富にある点です。

XMは、FX通貨ペア57種類、貴金属4種類、CFD銘柄42種類という取りそろえです。

メジャーな通貨は、ほとんどあり、あまり見かけないマイナー通貨もあります。

 

CFD銘柄も豊富だから、XMでトレードをしているという投資家もいます。

ココアやコーヒーなどの商品CFDや、原油や天然ガス・ガソリンなどの資源CFDで、

ハイレバCFD銘柄取引をして大きく勝つトレーダーも少なくありません。

 

さらに、XMでは、最近話題の仮想通貨の取り扱いもスタートしました。(ビットコイン/ドル)

スプレッドは1lot(1BTC)あたり50ドルです。

最小取引サイズ:0.1lot(0.1BTC)~、レバレッジは最大2倍で取引することができます。

必要証拠金は50%です。 プラットフォームはMT5だけです。

 

出入金方法が幅広くスピードも速い

XMではクレジットカード入金や、ビットコイン入金、海外銀行送金に対応してます。

クレジットカードを持っていないでも、国内銀行送金に対応しているから、

国内FXと同じように、コンビニのATMやネットバンクから口座と入金することができます。

mybitwallet入金にも対応し、口座維持手数料無料、入出金手数料無料、口座反映スピード即時なので、

結構使い勝手もあるのではないでしょうか。

 

また、海外FX口座だときちんと出金されるか不安という人も多いと思います。

自分も始めは不安だったのですが、

手数料もかからず、100%自動、

24時間体制で出入金が即座に処理され反映されるので

安心して利用できる業者です。

さらにすべての入金方法において手数料負担がないのもお得です。

 

 

XMのデメリットはある?

XMにもメリットとともにデメリットがあります。これから、海外FXに挑戦しようと思っている個人投資家のみなさんは、しっかりデメリットも知り判断する必要があります。

FXにおいて、スプレッドも大事な選択ポイントですが、XMは他のFX会社と比較して、特別狭いという感じではありません。海外FXを比較すれば、もっと狭いFX会社もあり、中程度という感じではないでしょうか。

ただ、XMは使えないほどスプレッドが広めということでもありませんので、しっかり個人個人で判断してください。スプレッドがどうしても気になるというトレーダーは、XMのZERO(ECN方式)口座を利用するのもいいでしょう。

海外FXでは、NDD方式のSTP方式を多くが採用していましたが(国内FXは多くがOTC(DD)方式)時代は、ECN方式推しとも言われています。

XMのZERO口座は、ECN方式のクリーンな約定環境を提供してくれています。最小0.0pips~の極狭スプレッドというのはかなり魅力です。 取引プラットフォームはMT4(1クイックトレードOK)で、EA(自動売買)にも対応しています。ただし、ボーナスは口座開設のみということです。

 

いかがでしょうか。

XMにもデメリットはありますが、デメリットを差し引いても、国内FXよりも使えると思います。

 

XM(エックスエム)の口座開設詳細はこちら↓

XMの口座開設手順とその流れを解説