海外FX口座を使うにあたって

その業者が安全なのかどうかはとても気になることです。

ここではおすすめの海外FX口座のXM(エックスエム)の安全性について

検証していきたいと思います。

 

XM(エックスエム)は安全な海外FX業者?

XMはキプロスのリマソルに本社を構える海外FX業者です。

本社オフィスの住所はこちら↓

F20, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles

・キプロス証券取引委員会(CySEC) ライセンス番号120/10

・セーシェルFSA ライセンス番号 SD010

によりライセンスを認可されています。

*2015年以前に口座開設をした人はキプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンスが適用され、

2016年以降に口座開設した人はセーシェルFSAのライセンスが適用されています。

また、FCA(FSA、イギリス金融庁)により登録されています。

登録番号538324

日本人には馴染みが薄いかもしれませんが、

イギリス金融庁などは特別審査基準が厳しく、

安全性が高いことが証明されています。

イギリス以外でもEU圏内を中心に

多数のライセンスを保持しています。

 

XM(エックスエム)は日本の金融庁のライセンスがないから危険?

XMは日本の金融庁のライセンスがなく、

金融庁のHPを見ると海外の危険業者扱いされています。

しかし、日本の金融庁に登録すると日本の規則が適用されてしまうため、

レバレッジも最大25倍になってしまったり、

追証ありになってしまったり、

海外FX業者としてのメリットがなくなってしまいます。

なのであえて日本の金融庁の許可はとっていないのです。

キプロス証券取引委員会(CySEC)ライセンスから

セーシェルFSAのライセンスに移したのも、

日本の金融庁からCySECに

日本人の新規口座開設を止めるよう圧力がかかったためです。

日本の金融庁からしたら、税金逃れなどに利用される可能性もあるし、

自国のFX口座を使って税金を納めろということなのです。

 

XM(エックスエム)の資金管理は安全?

XMでは顧客から預かった資金は、

英国バークレイズ銀行やスイスのクレディスイスなどの大手銀行において

分別保管されています。

さらに、全額を米最大手保険会社AIGの保険をかけて分別保全しているので

とても資金管理の安全性は高いと言えます。

2016年からはライセンスがセーシェルFSAになってしまったためなくなりましたが、

それまでに開設した口座はキプロス証券取引委員会Cysecのライセンスが適応されており、

投資家補償基金に加盟しているので、

万が一、会社が破綻するなどした場合でも

最大20,000ユーロ(200万円相当)までの信託保全があり、

保障を受けることができ非常に安心です。

 

XM(エックスエム)のサポート対応はどう?

XMはサイトも完全日本語対応していて見やすいですし、

日本人のサポートスタッフもいるので安心です。

メールやライブチャットなどで質問すれば、

返信も早く、遅くても24時間以内には返事をくれます。

細かいことやちょっとした疑問でも、

丁寧に対応してもらえるので

今まで一度も不満を感じたことはないです。

XMのサポート情報
XM営業時間: 週5日24時間

‎日本語ライブチャット

公式サイトの日本語ライブチャットからチャット形式で問い合わせできます。

日本時間9時〜21時(土日・祝日は休業)

メール

support@xmtrading.com

こちらは24時間対応しています。

以上、XMは安全安心に利用出来る海外FX口座なので、

初めてで不安に感じている人も全く問題ないでしょう。

 

XM(エックスエム)の入金・出金は安全?

XMでは、非常に多くの出入金方法が選択できます。

銀行電信送金やWesternUnion、MoneyGramなどは通常2-5営業日で反映され、

クレジットカードやネッテラーなどは即時自動反映されます。

たまに、イスラム系の海外FX業者などだと

出金拒否や入金が反映されないなどのトラブルも聞きますが、

XMではそういったことはないので安心してください。

口コミなどではめちゃくちゃ書いてる人もいますが、

自分も実際に利用して、今までトラブルがあったことはありません。