ここではXMで対応している入金方法やその手順、最低入金額など

気になる点をピックアップし解説していきます。

XM(エックスエム)の入金について 種類や方法、手順など

XMの取引口座への最低入金額は?

XMの取引口座への最低入金額については特に定められていません。ただし、システム上の制約により、1回あたり5$かそれ以上の金額を送金する必要があります。XM Tradingで電信送金(銀行振込)を利用する場合は、最低金額が200$に設定されています。XM.comでは国内銀行振込が可能ですが、10,000円に満たない場合には手数料として1,070円と振込金額の0.05%分が差し引かれた金額が口座に反映されます。

この場合でも後で手数料を返金してもらえますが、証拠写真を撮影してサポートに連絡する必要があります。このため、国内の銀行振込を利用する場合は必ず10,000円以上の金額で振込手続きを行うようにしましょう。

ちなみにXMでトレードを行う場合の最低取引通貨が10通貨なので、初回であれば少なくとも10$以上を送金しておく必要があります。XMでは最低取引金額が非常に低く設定されているので、少ない資金でも取引が可能であるという特徴があります。このため、数千円程度の資金を利用してトレードをすることも可能です。

ちなみに海外のFXブローカーの多くは、初回最低入金額として1万円かそれ以上の金額が指定されています。XMのメリットは最低入金額や最低取引金額が非常に低く設定されていることで、FX初心者の方でも手軽に取引を始めることができます。

XMで入金に対応している通貨は?

入金時に利用できる通貨は日本円(銀行振込やクレジットカードなど)またはビットコインで、アカウントに着金する通貨は米ドルとなります。クレジットカードを利用する場合には日本円建てで支払いますが、米ドルに両替してからアカウントに反映されます。日本円建てのクレジットカードやデビットカードを利用する場合には、数%程度の為替手数料が差し引かれる場合があります。クレジットカード・デビットカードや国内銀行振込を選択すれば手続き後に自動的に米ドルに両替されるので、ユーザーが日本円を米ドルに両替をする必要はありません。

一部のプリペイドカードは、海外旅行者向けに米ドルでチャージすることが可能です。デビットカードの中には、銀行の外貨預金(米ドル)から引き落とされる場合があります。このようなカードを利用すれば直接米ドルで送金することが可能で、為替手数料を節約することができます。最近は仮想通貨でチャージすることができるデビット(プリペイド)カードもあります。このようなカードを利用すれば、カードにチャージ可能な仮想通貨を使用することも可能です。

XM.comとXM Tradingは両方とも、仮想通貨(ビットコイン)で送金をすることができます。

XMで対応している入金方法の種類は?

入金方法の種類ですが、XM.comの方は国内銀行振込・クレジット(デビット)カード・国際送金・オンラインウォレット(MyBitWallet)・仮想通貨(ビットコイン)が利用できます。利用可能なクレジットカードの種類はVISA・Diners・China UnionPay(中国銀聯)のいずれかです。国内銀行振込を選択すれば、日本円で日本国内の銀行に振り込みをすることができます。銀行への振込手数料を負担する必要がありますが、国内送金なので数百円程度の手数料で済みます。

XM Tradingの方は、国際送金・クレジット(デビット)カード・仮想通貨(ビットコイン)から選択することができます。利用可能なクレジットカードの種類はVISAまたはMasterCardのいずれかです。

国内銀行送金であれば最短30分程度(営業日の場合)、クレジット決済・仮想通貨、オンラインウォレットはすぐに口座に資金が反映されます。
送金方法として複数の方法から選択することができますが、送金時にクレジット(デビット)カードまたはビットコインを利用した場合には、それぞれの方法で送金した金額分までは同じ手段(カードまたはビットコイン)で出金をする必要があります。出金方法も考慮した上で、入金方法を選ぶようにしましょう。

XMへの入金の手順と流れ

入金手順の流れですが、ログイン後に「資金を入金する」をクリックします。入金方法の一覧が表示されるので、希望する方法を選択します。入金方法ごとに手順が異なります。

クレジットカードを選択する場合の手順ですが、フォームに金額を入力して「入金」ボタンをクリックします。請求金額を確認して進むとカード情報の入力フォームが表示されるので、カード番号・有効期限・名義などの情報を入力してから最後に「入金」ボタンをクリックすれば手続きが完了です。

ビットコインを選択した場合には、送金したい金額(法定通貨)を入力して進みます。送金額(BTC)とコインアドレス・QRコードが表示されるので、ビットコインウォレットまたは取引所のアカウントから指定されたコインアドレス宛てにビットコインを送金します。

オンラインウォレットを選択した場合は、フォームに金額とメールアドレスを入力して「入金」ボタンをクリックします。

銀行振込を選択する場合の流れですが、国内銀行振込(Local Banks Japan)または国際送金(Bank Wire Transfer)を選びます。いずれも振込先の銀行口座と名義人欄に入力する内容が表示されるので、指定された銀行口座に振込を行います。名義人欄には、“(アカウント番号)とアルファベット表記の名義人”を入力します。