ここではGEMFOREXの口座開設の方法について解説します。

海外FXは、英語対応なので、口座開設が難しいと思っている人たちも多いですが、

GEMFOREXは、日本語サポートも充実していて、かなり判りやすいといっていいでしょう。

 

GEMFOREXでは、口座開設フォームから入り、簡単入力で、口座開設を完了することができます。

さらに入金から取引開始まで最短3分で完了します。

 

必要書類の提出について

海外FXGEMFOREXでも、口座開設のためにあらかじめ本人様確認のための書類を用意する必要があります。

方法と時期については、海外FXそれぞれ違いがありますので、注意してそれぞれのFX会社のサイトでチェックするようにしてください。

GEMFOREXの場合、書類の提出は、口座IDの発行が行われて後日でも大丈夫です。

 

GEMFOREXで必要としている必要書類は、個人名義口座の場合、身分証明証(運転免許証、パスポートなど)のコピー、住所証明書(公共料金領収書、クレジットカード会社や携帯電話会社の請求書など)のコピー身分証明証と、

本人が一緒に写っている大きく鮮明な写真を用意してください。

身分証明証に記載の住所と住所証明書に記載の住所は、同一のものである必要があります。

 

身分証明証は、期限内のものとし、住所証明書は発行から3カ月以内のものです。

住所証明書は、住民票で大丈夫です。

 

個人事業主の場合では、会社登記簿謄本
代表者身分証明証(運転免許証、パスポートなど)のコピー、身分証明証と本人が一緒に写っている大きく鮮明な写真が必要となります。 会社登記簿謄本は、発行から3カ月以内のものが必要です。代表者身分証明証は、期限内のものを用意してください。

 

GEMFOREXでは、1回目の出金処理をするまでに、必要書類を提出しなければなりません。

ただし、GEMFOREXでは、いろいろなボーナスを提供していることがありますが、

それらを希望するときには事前に提出をする必要があります。

 

必要書類の提出方法は、方法はマイページへログインします。

ユーザーマイページのトップに提出書類をアップロードするフォームがあるので、

ここから提出する書類をアップロードします。(ファイルサイズは、各1MB以内)

 

GEMFOREXの口座開設の方法

GEMFOREXは、他の海外FXと比較して結構口座開設が簡単なほうでしょう。

 

GEMFOREXの公式ホームページから「リアル口座開設」を選択し、会員登録を行います。

口座の選択は、現在は「オールインワン」口座のみで、日本円か米ドルを選択できます。

 

口座タイプ、名前、メールアドレスと認証の為の画像文字を入力して「口座開設」ボタンをクリックします。

後々、アルファベットでのFX口座名義入力を要求されるシーンがあるので

名前の入力は英語でしておくのがいいでしょう。

 

これだけで即メールに
GEMFOREX登録完了通知というメールが届きます。

口座番号、パスワード、MTで使うサーバー名が届きます。

メールの中には、MetaTrader4 ダウンロードURL、MetaTrader4インストール方法PDFのURL、MetaTrader4ログイン方法のPDFのURLも記載があるので、

そこからGEMFOREXのMT4をダウンロードすることができます。

大事な書類なのでしっかり保管するようにしてください。

 

ここまでで、口座開設は完了です。 あとは、入金すれば、すぐに取引を行うことができます。

 

開設後のマイページの個人情報の入力について

個人情報と銀行口座情報も入力して、出金のために備えておきましょう。

今度は、GEMFOREXにログインし、マイページから「個人情報登録画面」を確認してください。

ここでは、名前、メールアドレス、ニックネーム、日中の電話連絡先、振込用(出金先)口座と言ったものを入力します。 ここでは、それぞれ金融機関識の「SWIFT CODE」を、各銀行のサイトで確認し入力します。

半角英数字なので注意をしてください。住所も英語が要求されますが、

日本語住所から英語表記住所に変換してくれるサイトがあるので、それでやれば簡単に変換することができます。